低所得者はカードローンの契約を慎重に!カードローンを契約しない方法もある!

銀行カードローンの問題は、低所得者が安易に契約してしまい自己破産や任意整理をしてしまうことも含まれています。
どうしても手元に現金が無い場合、知名度が高く信頼出来る銀行を真っ先に思い浮かべます。
契約は可能なものの、家計内のキャッシュフローが焦げ付いていると直ぐに返済不能になってしまいます。
また、返済が遅れれば、遅延損害金を支払うことになり、負のスパイラルに突入してしまいます。

では、低所得者すなわち金融弱者はどうすればいいかというと、公的資金を頼ることができ、銀行カードローンに比べ、遥かに低金利で借り入れが可能です。
状況によっては、無利子という可能性もあるため、生活をする上で現金に困った場合は市町村や各地域の社会福祉協議会に相談する事をおすすめします。
お金のことは銀行というイメージがあるものの、高金利のカードローンに誘導される可能性があります。
先ずは、金融機関以外の方法を探るのがポイントです。